お肌の悩み 顔の毛の処理はどうしてる?眉毛から鼻毛まで

個人差ありますが、顔にはいろいろな毛が生えてますよね。ヒゲ、眉毛、産毛、鼻毛。ヒゲはほとんどの人が何らかの処理をしていると思いますが、眉毛、産毛、鼻毛はほったらかしの方も多いのではないでしょうか?サラリーマンは見た目が命、いや、サラリーマンに限りませんが、見た目は清潔な方が良いわけで、私が普段使いしているツールをご紹介したいと思います。

左側から眉カッター、眉カッターのアタッチメント。中央が顔そり用のカミソリ。一番左側が鼻毛カッターです。

まずは眉編。

眉カッターは本体と広めの刃、狭めの刃、眉のトリマーが2個付属しています。広めの刃は眉間や眉の下の部分のカット、狭めの刃にはトリマーをとりつけて眉の長さを整えるために使います。トリマーは2種類あって、それぞれトリミングしたい長さにあわせて選択します。眉を整える時にはピンセットを併用するときもありますが、時間のない時にはこのセットを使っています。ちなみに広めの刃を使って眉の下の毛を処理しするとこんな感じになります。

眉カッター処理前
眉カッター、広めの刃でカット後

このように予想通りなわけですが、カッターで処理するとどうしても根本が残ってしまいます。何もしないよりはまあいいか、という程度でしょうか?毛抜を使えばきれいになりますが、時間がかかる上に抜き漏れも出てしまうので、最近は専門店に行き、ワックスで眉毛を脱毛するようになりました。こういう時期(2020年4月下旬)なので、術後術前の比較が出来ず残念ですが、素晴らしくキレイになります。

私は30代から眉を整え始めたので、眉をいじる事に全く抵抗はないのですが、いままでそんな事した事ないぞ、でもちょっと興味あるな・・という方には、眉の長さを整える事からおすすめします。これは狭めの刃にトリマーを取り付ける事で簡単に処理できます。上の画像と比較すると眉毛はかなり短めになり、長さも統一されてすっきりしているのがよくわかると思います。

トリマーで処理後

次はこれですね。女性向け顔そり用のカミソリ。これは男性用のカミソリやシェーバーでは処理しきれない産毛を剃るために使います。そんなの効果あんのかよ!と思う方はたくさんいると思いますが、ところがどっこい、これで通常のカミソリの後にこれを使って顔全体を滑らすように剃るとびっくりするくらい顔がツルツルになるんですよ。

1本あたり200円するかしないか程度!

実際に剃ってみるとこんな感じになります。

処理前です。目の下に注目。
処理後。さすがに目のまわりなので、あんまり思い切ったことは出来ませんが。

眉カッターに広めの刃をつけても良いのですが、シェービングクリーム、もしくは、洗顔剤で顔を洗っている最中に剃ったほうが効果が高いので、このカミソリを使っています。

最後はこれです。鼻毛カッター。

だいぶ年季が入ってます・・

これはもういいですよね。術前、術後の写真も見たくないでしょうし。先端を鼻の穴に突っ込んでスイッチをいれると鼻毛を切ってくれます。ちなみにですが、これもワックスで処理するとすっごくスッキリきれいになります。ただし、眉と比較するとそこそこに痛いのが難点。

ということで、眉、産毛、鼻毛、の処理について紹介しましたが、最近の製品は眉と鼻毛の両方を一台で処理できて防水機能もついているものが3,000円もせずに購入出来るようになってます。

Nose trimmer series 5000 フェイススタイリングキット(鼻、耳、眉、ヒゲ、モミアゲ、襟足) NT5172/16 | Philips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です